VYM【第13位】ウォルマートってどんな会社?

スポンサーリンク

こんにちは、マルの日常です。

今回は、VYM構成比率【第13位】ウォルマートについて銘柄分析を行っていきます。構成比率は、1.80%です。

  1. 会社の基本情報
  2. 日本の会社と比べてみた(イオン)
  3. 株価・配当推移
  4. まとめ(ちょっと良い話)

それでは、本日も宜しくお願いします。


スポンサーリンク

ウォルマートってどんな会社?

海外小売 情報に関するニュース・記事一覧_小売・物流業界で働く人の情報サイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】

ウォルマートは、アメリカのアーカンソー州に本社を置く世界最大のスーパーマーケットチェーンです。アメリカ全土に約5000店舗、世界15か国に事業を展開しています。日本ではスーパーマーケット大手の「西友」を買収した親会社として有名でしたが、2020年11月に西友株の売却を発表しています。日本からは撤退をするようですね。

主なサービスとしては、食料品・健康とウイルスネス・その他一般的な商品(電子機器、本、スポーツ用品、アパレル、家具等)を店舗及びネット販売にて提供しています。

創業者は、サム・ウォルトンという人物で、1962年にアーカンソー州にて開業しました。サム・ウォルトンは、幼少期に非常に苦労した人物でしたが、彼の人柄と努力に企業戦略が加わり、ウォルマートを世界最大のスーパーマーケットに成長させました。彼の理念は、後継の一族にも引き継がれ、今も尚成長を続けています。

会社情報

  • 企業名:ウォルマート
  • 設立日:1962年
  • 創業者:サム・ウォルトン
  • 売上高:5,239億$(2020年1月決算)
  • 営業利益:205.6億$(2020年1月決算)
  • 従業員数:2,200,000人

一言でいうとウォルマートは、サム・ウォルトンという凄い人が創設し、220万人もの従業員を雇用している世界最大のスーパーマーケットチェーンなんです。

日本の会社と比べてみた(イオン)

世界最大のスーパーマーケットチェーンであるウォルマートと、日本のトップ企業を8つの項目(1ドル103円にて換算)で比べてみました。

今回比べる企業は、国内小売業最大手の「イオン」です。

さすが、ウォルマートですね。日本トップのイオンを圧倒しています。また、世界の小売業売上ランキングにおいて、イオンの13位に対してウォルマートは22年連続1位にランクインしています。さらに、連続増配を46年間継続している【配当貴族銘柄】であることを考えると、信頼性抜群の企業なんです。

株価・配当推移

①銘柄情報

  • 銘柄コード WMT
  • 株価    140.07$(2021年2月2日)
  • 配当利回り 1.54%
  • 連続増配  46年

ウォルマートは、NYダウ工業30種とS&P500に選ばれている超優秀銘柄です。

NYダウ工業30種とは、アメリカを代表するクオリティの高い企業の動きを表す、世界で最も有名な株価指数です。

S&P500とは、ニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している株価のなかから代表的な500銘柄の時価総額を加重平均したアメリカを代表する指数です。

②株価推移

ウォルマートの直近5年の推移を確認しました。驚異的なところは、コロナ禍においても株価をさげず右肩上がりに上昇していることです。ネット販売の整備に注力したことが、大きな要因と考えられます。

③配当推移

配当は年4回(1月、4月、7月、10月)あります。

46年連続増配をおこなっており、「配当貴族銘柄」です。50年以上の連続増配に与えられる「配当王」の称号も射程圏内となっており、非常に信頼できる企業です。

まとめ(ちょっと良い話)

皆様、ウォルマートの魅力はわかっていただけたでしょうか?

私たちの生活に密接に関係している企業であり、日本トップの「イオン」を圧倒するウォルマートの凄さに感銘を受けました。また、配当王一歩手前の配当貴族としての信頼感もすさまじいものです。

何より、世界最大のスーパーマーケットであるウォルマートが「VYM」の構成銘柄第13位として組み込まれていることに安心感をもてました。

やはり、「VYM」は素晴らしい!!

それでは最後に、ウォルマートを更に「好きになってもらえるエピソード」を記載して終わりたいと思います。

「サンタが買い物代金を肩代わり」

2015年のクリスマス。アメリカのペンシルベニア州に住む女性が、経済的事情によりウォルマートで取り置きしていたクリスマス商品を、キャンセルしなければならなくなりました。しかし、ウォルマートに立ち寄ると、見知らぬ人が、女性の取り置き商品の代金を既に払ってくれていたのです。この現象は女性だけでなく、3人のシークレットサンタが各地のウォルマートに表れ、合計で6,000万円ものクリスマスの取り置き商品の代金を支払ってくれました。その年のクリスマスは、多くの人々がウォルマートで幸せな気持ちになったそうです。

最後までみてくれてありがとう!!

VYM構成銘柄【12位】インテル(世界最大の半導体企業)の記事はこちら

VYM構成銘柄【14位】シスコシステムズ(世界最大のコンピューターネットワーク機器の会社)の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました