VYM【第27位】フィリップモリスってどんな会社?

スポンサーリンク
マル
マル

こんにちは、マルです

今回は、VYM構成比率【第27位】フィリップモリスについて銘柄分析を行っていきます。世界最大のタバコ会社であり、VYM構成比率は、1.15%です。

マルは非喫煙者ですが、若い時にコンビニのバイトしてたんでタバコ銘柄もある程度知っています。只、こんなに世界規模な会社とは知りませんでした(-_-;)。

それでは、本日も宜しくお願いします。

スポンサーリンク

フィリップモリスってどんな会社?

マル
マル

フィリップモリスは、米国ニューヨーク州に本社を置く、

世界最大のタバコメーカーなんだよ。

マル先輩、事業内容をおしえて~

マル先輩
マル先輩

フィリップモリスは、タバコ、無煙タバコ、電子タバコ、アクセサリーの製造販売を世界中で行っている会社だよ。

主なタバコ銘柄として「マルボロ」「ラーク」「パーラメント」があるよ。

後、電子タバコの「アイコス」も有名だね。聞いたことはあるかな?

マル
マル

フィリップモリスは、誰が創業したの?

今までの歴史を教えてよ。

マル先輩
マル先輩

フィリップモリスは、1847年にフィリップ・モリス氏が創業したんだよ。

その後、息子達が引き継いだんだけど、トムソンという人物に事業を売却したんだ。

トムソン君とその一族が事業を大きくして、2003年には社名を「アルトリア」に変更したんだ。

米国内の起訴リスクを考慮して、2008年に米国内を「アルトリア」に米国外を「フィリップモリス」に分社化したんだ。

企業情報(2020年12月期)

  • 企業名:フィリップモリス
  • 設立日:1847年
  • 創業者:フィリップ・モリス
  • 売上高:286.9億ドル(約2兆9,554億円)
  • 営業利益:113.7億ドル(約1兆1711億円)
  • 従業員数:77,400人

日本の会社と比べてみた(JT「日本たばこ産業」)

世界最大のタバコメーカーであるフィリップモリスと、日本のトップ企業を8つの項目(1ドル103円換算)で比べてみました(2020年12月期決算比較)。

マル
マル

今回比べるのは、日本トップのタバコ会社である「JT(日本たばこ産業)」だよ。

マル
マル

比べてみたけど、フィリップモリスの勝利だね!!

フィリップモリスは、売上が3兆円弱あり、営業利益率は37%越えと高い水準を維持しています。また、配当利回りは5%越えの高配当であり、時価総額は驚異の15兆円をこえているのです。世論的にタバコ縮小の流れになっているなか、従来の紙巻タバコから煙のでないタバコ「アイコス等」の切り替えを積極的に行っており、素敵な会社といえます。

マル先輩
マル先輩

「JT(日本たばこ産業)」も素晴らしい会社なんだよ

日本には「たばこ事業法」という法律があり、国内でタバコの製造販売ができるのはJTのみなんです。有名な銘柄としては、「セブンスター」「メビウス」などがあります。タバコ事業の他にも医薬品や食品、飲料の製造販売もおこなっています。

JTは売上が2兆円をこえており、営業利益率も20%あり非常に優秀です。最も素晴らしいのは、配当利回りが驚異の7%越え(市場平均が2%~3%)を維持していることです。配当金の連続増配は、16年連続増配を維持していましたが、昨年のコロナ期において増配はストップしてしまいました。

現在、日本国内のタバコ需要が縮小しているため、海外事業にも力をいれています。

株価・配当推移

①銘柄情報

マル
マル

フィリップモリスは、S&P500の指数に選ばれている優秀銘柄だよ。

  • S&P500指数とは、ニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している株価のなかから代表的な500銘柄の時価総額を加重平均したアメリカを代表する指数です。

②株価推移

マル
マル

フィリップモリスの直近5年の株価推移だよ。

コロナショックで61$まで下がりましたが、その後はさすがのフィリップモリスすね、株価はコロナ前まで回復しています。

③配当推移

マル
マル

配当は年4回(3月、6月、9月、12月)。

連続増配は13年達成しているよ。

2020年の1株あたりの配当金は4.74$という結果でした。連続増配は、2008年にアルトリアから分社化してからの年数となるため、13年となっています。配当利回りは5%前後を推移しており高配当銘柄です。

まとめ(タバコ企業なのに「煙のない社会」宣言)

皆様、フィリップモリスの魅力はわかっていただけたでしょうか?

私は、今後も私たちの生活に密接に関係してくるタバコ企業であり、高い利益率と高い配当金を維持しているフィリップモリスは本当に素晴らしい企業だと考えます。

何より、アメリカの有名な指数(S&P500)に選ばれている企業が「VYM」の構成銘柄第27位として組み込まれていることに安心感をもてました。

やはり、「VYM」は素晴らしい!!

マル
マル

最後に、フィリップモリスを更に「好きになってもらえるエピソード」を紹介するよ。

今回は「タバコ企業なのに【煙のない社会】宣言」だよ。

現在の社会は、喫煙者にとって非常に住みにくい世界となっています。公共の場、オフィス、飲食店など禁煙が当たり前となっており、喫煙者は端のほうに設けられた喫煙所で、冷たい目をむけられながらひっそりと喫煙しています(笑)。

フィリップモリスは、このような社会情勢をふまえ、主流だった紙巻タバコ製品を煙のでない加熱式タバコ(アイコスなど)に全て転換していくと発表しました。

まだまだ世界各国でも紙巻タバコが主流であり、紙巻タバコが財務的にも大きな収益を占めている中、世界トップのタバコ企業が、こうした方針を発表したのは本当に素敵なことですね。

まあ、禁煙者からいわせれば「吸うのやめればよくねぇ?(-_-;)」と思います、、、。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-edited-3-1024x768.png
最後までみてくれてありがとう!!

フィリップモリスを保有する高配当ETF「VYM」の基本情報はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました