VYM【第47位】CMEグループってどんな会社?

スポンサーリンク
マル
マル

こんにちは、マルです。

このブログでは、日本でも大人気の米国高配当ETF「VYM」の構成銘柄について詳しく紹介していくよ。

今回はVYM構成比率【第47位】CMEグループについて紹介します。

CMEグループは、世界最大のデリバティブ取引所であり、VYM構成比率は0.58%です。

それでは本日も宜しくお願いします。

筆者(マル)の情報

本業+副業でサイドFIREを目指す30代会社員(飲食業)。

オリラジ中田のあっちゃん、リベ大の両学長、ヒトデさんの影響をうけ投資とブログを開始。

米国高配当株ETF「VYM」特化ブログを運営中

  • 2020年10月から投資開始(積立NISA、米国ETF)
  • 2020年12月にブログ開設
  • 2021年1月からブログ本格運用
  • 2021年2月にグーグルアドセンス合格
スポンサーリンク

CMEグループの事業内容

マル
マル

CMEグループは、米国イリイノ州に本社を置く、世界最大のデリバティブ取引所なんだって。

マル先輩、意味不明なデリバティブ取引所って何?

CMEグループの仕事内容を分かりやすく教えてよ~。

マル先輩
マル先輩

デリバティブ取引所とは、「先物取引とオプション取引」を行う総合取引所のことなんだ。

CMEグループは、世界最大の『先物とオプション契約』の取引所を運営していて、その運営費で利益をえている企業なんだよ。

そもそも「オプションと先物契約」って何?って話なんだけど、後で説明するね。

取引所でと主に取り扱っている商品には以下のものがあるよ。

「農作物、エネルギー、金属、通貨、金利、債券、株価指数」

先物取引、オプション取引って何?

先物取引とは、将来の売買についてあらかじめ現時点で約束する取引のこと

  • 例「6か月後に5,000円で〇△社の株式を購入する」
  • 6か月後には必ず取引を実施するため、「約束の価格」と「6か月後の市場価格」との差異で利益も損失も発生する

オプション取引とは、将来取引する権利をあらかじめ売買する取引のこと

  • 例「6か月後に5,000円で〇△社の株式を購入できる権利を購入する」
  • あくまで権利の購入なので、6か月後に利益がでるときだけ権利を行使し、利益が出ない場合は権利を手放すこともできる(権利放棄時は、オプション料だけ損失となる)

上記のような先物取引とオプション取引を行う取引所のことを「デリバティブ取引所」といいます。

マル
マル

なんとなく理解はしたけど

仕組が本当に難しいし、リスクが高そうだよね?

マル先輩
マル先輩

マル君その通りだよ。

デリバティブ取引は、ハイリスクハイリターンな取引なんだ。

はっきり言って、マル君みたいな初心者は手を出しちゃダメな取引だよ。

マル
マル

ご忠告ありがとう!!

ところでCMEグループはいつ創業されたの?

今までの歴史を教えてよ。

マル先輩
マル先輩

CMEグループの創業は1848年で、世界初の先物取引所としてシカゴで創業されたんだ。

だから、160年以上の歴史があるんだよ。

当初はトウモロコシの取引から始まったんだけど、取引商品を拡大して市場も拡大していったんだ。

現在では、年間30億件の取引を扱い、取引額は約1000兆ドルにも及ぶ世界最大のデリバティ取引所となったんだ。

企業情報
  • 企業名:CMEグループ
  • 設立日:1848年
  • CEO:テレンス・A・ダフィー
  • 売上高:48.83億ドル(約5,241億円)
  • 営業利益:26.37億ドル(約2,716億円)
  • 従業員数:4,500人

日本の会社と比べてみた(日本取引所グループ)

世界最大のデリバティブ企業と、日本のトップ企業を8つの項目(1ドル103円換算)で比べてみました(2020年決算比較)。

マル
マル

今回比べる企業は、国内証券取引所最大手の「日本取引所グループ」だよ

マル
マル

比べてみたけど、CMEグループ優勢だね

CMEグループは、売上高は5,000億円と日本取引所グループに負けていますが、時価総額は7兆円を越えており世間の評価は非常に高い企業です。

また、営業利益は2,700億円弱あり、営業利益率は50%越えと高水準を維持しています。

配当利回りは約2%と高くはありませんが、連続増配も11年連続増配を達成しており信頼できます。

マル先輩
マル先輩

「日本取引所グループ」も素敵な会社なんだ。

日本取引所グループは「東京証券取引所」や「大阪取引所」を運営している世界有数の第3位の証券取引所です。通称「JPX」として有名です。

売上高が1兆円をこえており、営業利益率も50%越えと高水準を維持しています。

業務の分担として、メインの取引を東京証券取引所で、デリバティブ取引を大阪取引所で行っており、日本の金融市場の中核を担っています。

ちなみにCMEグループは、デリバティブ取引所として世界最大ですが、今回比較対象の日本取引所グループは、東京証券取引所の売上も含めています。

マル
マル

よくテレビで「東証」って聞くけど、日本取引所グループのことなんだね~。

CMEグループの株価・配当・配当利回り

①銘柄情報

マル
マル

CMEグループは、S&P500に選ばれている優秀銘柄です。

  • S&P500指数とは、ニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している株価のなかから代表的な500銘柄の時価総額を加重平均したアメリカを代表する指数です。

②株価推移

マル
マル

CMEグループの直近の株価推移を確認したよ。

コロナの影響で142$までさがりましたが、株価は昨年末から回復傾向ですが、コロナ前までの回復には至っていません。

③配当金推移

マル
マル

配当は年4回(3月、6月、9月、12月)あるよ。

2020年の1株あたりの配当金は3.4$という結果でした。

配当利回りは2%弱の銘柄ですが、年末に業績に応じて特別配当をだしています(グラフには未反映)

また、連続増配は11年継続しています。

④配当利回り推移

マル
マル

直近10年の配当利回り推移だよ。

2020年の配当利回りは1.90%という結果でした。

株価上昇に伴い配当利回りはさがっています。

しかし、CMEグループは年末に業績に応じて特別配当をだしているため、数値にみえない温恵がある企業ですね。

まとめ(サモス島から始まったオプション取引)

皆様、CMEグループの魅力はわかっていただけたでしょうか?

私は、今後も経済の中心となるデリバティブ取引所であるCMEグループは、本当に素晴らしい企業だと考えます。

何より、アメリカの有名な指数(S&P500)に選ばれている企業が「VYM」の構成銘柄第47位として組み込まれていることに安心感をもてました。

やはり、「VYM」は素晴らしい!!

マル
マル

それでは最後に、CMEグループを更に「好きになってもらえるエピソード」を紹介するよ。

今回は「サモス島から始まったオプション取引」だよ。

オプション取引はどこで始まったのか?

紀元前6世紀、ギリシャのサモス島のタレスという学者がいました。

彼は天文学を学んでいましたが、周りの島民からはその学問を馬鹿にされていました。そこでタレスは天文学を生かし、お金を稼ぐことを考えたのです。

島の特産品はオリーブでした。タレスは天文学でオリーブの豊作を予想し、オリーブから油を搾る器具にお金を払い、収穫時に借りる予約をしたのです。

数か月後にオリーブは豊作となり、器具がたりなくなりました。タレスは器具を高値でまた貸しし、利益を得たのです。

これが人類初のオプション取引といわれています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-edited-3-1024x768.png
  最後までみてくれてありがとう!!

VYM構成銘柄【46位】サザン・カンパニー (米国有数の電力会社)の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました