VYM【第24位】ブリストル・マイヤーズ スクイブってどんな会社?

スポンサーリンク

こんにちはマルの日常です

今回は、VYM構成比率【第24位】ブリストルマイヤーズ スクイブについて銘柄分析を行っていきます。国際的な製薬会社であり、VYM構成比率は、1.26%です。

企業名が「必殺!!ブリストル・マイヤーズ スクイブーーーー!!」っていう必殺技かと思いましたよ(-_-;)。

もちろん「初めまして」の企業ですので、本日も宜しくお願いします。

スポンサーリンク

ブリストル・マイヤーズ スクイブってどんな会社?

マル
マル

ブリストル・マイヤーズ スクイプは、米国ニューヨーク州に本社をおく、バファリン」で有名な製薬会社なんだよ。

事業内容としては、医療医薬品の研究・開発・販売を行っています。抗生剤・抗腫瘍薬・HIV治療薬に有力な製品群を持っており、「バファリン」シリーズは有名です。「あれ? バファリンって「ライオン」じゃなかったっけ?」と思われた方は素晴らしい!!そうなんです、2007年にアジア・オセアニア地域のバファリンの商標権を304億円で「ライオン」に売却しています。

創業は1887年で、エドワード・ロビンソン・スクイブによって設立されたスクイブ社から始まりです。その後、1989年にブリストル・マイヤーズ社と合併し現社名となったのです。

企業情報(2020年12月期)

  • 企業名:ブリストル・マイヤーズ スクイプ
  • 設立日:1887年
  • 創業者:エドワード・ロビンソン・スクイブ
  • 売上高:425.18億ドル(約4兆3,935億円)
  • 営業利益:△91.85億ドル(約△9,460億円)
  • 従業員数:24,000人
マル
マル

営業利益がマイナスな理由は、2020年11月にマイオカーディア・インク(米製薬会社)を131億$(約1兆3400億円)で買収したからだよ!!

しかも、全額キャッシュで( ゚Д゚)

日本の会社と比べてみた(武田薬品工業)

世界有数の製薬会社であるブリストル・マイヤーズ スクイブと、日本のトップ企業を8つの項目(1ドル103円換算)で比べてみました(ブリストル・マイヤーズ スクイブは2020年、武田薬品工業は2019年決算比較)。

マル
マル

今回比べるのは、日本トップの製薬会社である「武田薬品工業だよ。

マル
マル

比べてみたけど、ブリストル・マイヤーズ スクイブの勝ちだね!!

営業利益のマイナスは、買収による現金一括によるものだから、それを除けば通年約5000億円のプラスになっているよ。

さすが、ブリストル・マイヤーズ スクイブですね。2019年世界製薬会社売上ランキングにおいて、世界10位でしたが(武田薬品工業は9位)、2020年11月にマイオカーディアの買収したため、425億$の売上となりました。これは、世界5位規模の売上となります。また、世間からの評価も高く時価総額は驚異の14兆円を超えています。

一方我らが武田薬品工業ですが、2019年1月にアイルランドの製薬大手の「シャイアー」を6.2兆円かけて買収し、世界の製薬会社売上トップ10位にランクインしました。また、新型コロナウイルスのワクチン開発(米モデルナ社、米ノババックス社と提携)も行っています。日本でのコロナワクチンは、米国「ファイザー社」のワクチン投与が始まっており、今更感が強いですが、武田薬品工業の取引先は世界にも存在しており、ワクチン開発が成功することは、非常に大きな意味をもちます。予定通りいけば、2021年秋ごろには供給開始できる予定です。また、治療薬の開発も行っていましたが、これについては開発を断念しています(2021年4月)。

株価・配当推移

マル
マル

ブリストル・マイヤーズ スクイブは、S&P500に選ばれている超優秀銘柄だよ。

  • S&P500指数とは、ニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している株価のなかから代表的な500銘柄の時価総額を加重平均したアメリカを代表する指数です。

②株価推移

マル
マル

ブリストル・マイヤーズ スクイブの直近5年の株価推移だよ

コロナショックで一度下がりましたが、その後はさすがのブリストル・マイヤーズ スクイブですね、株価は回復しています。2019年の株価下落は、米国製薬会社「セルジーン社」を買収したことが、世間から評価されなかったために起こったようです。

③配当推移

マル
マル

配当は年4回(2月、5月、8月、11月)。

連続増配は12年だよ。

2020年の1株あたりの配当金は1.8$という結果でした。過去の増配は、年間0.04$とず~っと低成長でしたが、なんとコロナ期の2020年に年間0.16$の増配しています。

まとめ(じっちゃまのお勧め銘柄に選ばれてる理由)

皆様、ブリストル・マイヤーズ スクイブの魅力はわかっていただけたでしょうか?

私は、今後も私たちの生活に密接に関わってくる製薬企業であり、アメリカを代表するS&P500指数に選ばれているブリストル・マイヤーズ スクイブは、本当に素晴らしい企業だと考えます。

何より、世界第5位の売上規模に成長した製薬会社が「VYM」の構成銘柄第24位として組み込まれていることに安心感をもてました。

やはり、「VYM」は素晴らしい!!

マル
マル

最後に、ブリストル・マイヤーズ スクイブを更に「好きになってもらえるエピソード」を紹介するよ。

今回は【じっちゃま(広瀬隆雄さん)のお勧め銘柄に選ばれてる理由】だよ。

じっちゃまこと広瀬隆雄さんは、1990年頃渡米し、長い間アメリカでの投資の世界に携わっており、YouTubeやTwitterでするどい情報発信(投資銘柄)をしてくれています。

2021年のYouTubeで、じっちゃまがブリストル・マイヤーズ スクイブを押し銘柄として放送しています。押し理由は2つ

  1. 2019年に買収したセルジーン社の世間からの低評価がそろそろなくなるから、株価は上昇するだろう。
  2. コロナが回復すると、今まで需要がおちていた医薬品(受けたくてもコロナ優先でうけれなかった)の供給が一気にあがるだろう。

あのじっちゃまに名指しで推されたブリストル・マイヤーズ スクイブの未来は明るいですね!!(只、投資は自己責任でお願いします!!)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-edited-3-1024x768.png
最後までみてくれてありがとう!!

インスリンで有名な米国製薬会社「イーライリリー」の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました