VYM【第6位】バンク・オブ・アメリカってどんな会社?

スポンサーリンク

こんばんは、マルの日常です。

今回は、VYM構成比率【第6位】バンク・オブ・アメリカについて銘柄分析を行っていきます。構成比率は、2.13%です。

  1. 会社の基本情報
  2. 日本の会社と比べてみた(三菱UFJ)
  3. 株価・配当推移
  4. まとめ(ちょっと良い話)

それでは、本日も宜しくお願いします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お金が増える 米国株超楽ちん投資術 [ たぱぞう ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/2/16時点)


スポンサーリンク

バンク・オブ・アメリカってどんな会社?

バンク・オブ・アメリカは、アメリカノースカロライナ州に本拠地をおく米国第2位の銀行です。全米50州、世界35か国に拠点を置く世界有数の金融機関です。名前から、日本銀行みたいなアメリカの中央銀行のように思えますが、そうではありません。日本でも「バンカメ」の愛称で親しまれています(私は知りませんでしたが、、、)。

ちなみに米国1位の銀行は、私が以前「VYM【第2位】」の記事で紹介したJPモルガン・チェース&カンパニーです。

事業内容として、基本的な銀行業務(預金口座、貸付、クレジットカード、証券仲介、保険と投資信託の販売)のほか、資産運用・管理、合併・買収アドバイスなどのサービスや、消費者不動産業サービスやグローバル資産・投資管理サービスなども提供しています。

創始者は、アマデオ・ジアニーニという人物です。昔の銀行が、大手企業や大口の顧客しか相手にしていなかった時代に、貧しい個人にも融資サービスを開始するなど、現在の銀行業務を発明した凄い人物なんです。

会社情報

  • 企業名:バンク・オブ・アメリカ
  • 設立日:1904年
  • 創業者:アマデオ・ジアニーニ
  • 売上高:9兆3900億円(2019年12月決算)
  • 営業利益:3兆3600億円(2019年12月決算)
  • 従業員数:208,000人

一言でいうと、バンク・オブアメリカは、アマデオ・ジアニーニという凄い人が創設し、現代銀行業務の基本をつくった素晴らしい会社なのです。

日本の会社と比べてみた(三菱UFJ)

世界有数の総合金融サービス会社である、バンク・オブ・アメリカと日本のトップ企業を8つの項目で比べてみました。

今回比べる企業は、国内金融最大手の三菱UFJファイナンシャル・グループです。

  1. 売上高 「バンカメ」9兆3,900億円 「三菱UFJ」7兆2,990億円
  2. 営業利益 「バンカメ」3兆3,600億円 「三菱UFJ」1兆2,357億円
  3. 従業員数 「バンカメ」208,000人 「三菱UFJ」138,570人
  4. 設立日 「バンカメ」1904年 「三菱UFJ」2001年
  5. 株価 「バンカメ」3,131円 「三菱UFJ」476円
  6. 時価総額 「バンカメ」26兆2400億円 「三菱UFJ」6兆4,900億円
  7. 配当利回り「バンカメ」2.37% 「三菱UFJ」5.23%
  8. 連続増配 「バンカメ」7年 「三菱UFJ」3年

さすが、バンク・オブ・アメリカですね。日本トップの三菱UFJを圧倒しています。更に、世界の価値ある銀行トップ500において、三菱UFJは32位に対してバンク・オブ・アメリカは6位にランクインしています。さらに、アメリカ銀行トップのJPモルガンが10位であることを考えると、信頼性抜群の企業ですね。

株価・配当推移

①銘柄情報

  • 銘柄コード BAC
  • 株価    30.37$(2021年1月28日)
  • 配当利回り 2.37%
  • 連続増配  7年

バンク・オブ・アメリカは、S&P500に選ばれている超優秀銘柄です。

S&P500とは、ニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している株価のなかから代表的な500銘柄の時価総額を加重平均したアメリカを代表する指数です。

②株価推移

バンク・オブ・アメリカの直近5年の推移を確認しました。コロナショックで一度下がりましたが、右肩あがりで回復しています。

③配当推移

配当は年4回(3月、6月、9月、12月)あります。

7年連続増配をおこなっており、増配率も大きく魅力的な銘柄です。

 まとめ(ちょっと良い話)

皆様、バンク・オブ・アメリカの魅力はわかっていただけたでしょうか?私は、愛媛県出身の田舎者なので、正直あまり知らず、金融でのメジャーといえばもっぱら伊予銀行でした(笑)

伊予銀行を圧倒する日本トップの三菱UFJファイナンシャル・グループを更に圧倒するバンク・オブ・アメリカの凄さを痛感しました。

何より、世界規模の銀行であるバンク・オブ・アメリカが「VYM」の構成銘柄第6位として組み込まれていることに安心感をもてました。

やはり、「VYM」は素晴らしい!!

それでは最後に、バンク・オブ・アメリカを更に「好きになってもらえるエピソード」を記載して終わりたいと思います。

「映画44ミニッツ」

1997年2月、バンク・オブ・アメリカのノースハリウッド支店に2人組の銀行強盗が押し入り、ロサンゼルス市警と全米最大といわれる銃撃戦が、44分間も繰り広げられました。この事件は、ノースハリウッド銀行強盗事件といわれ、後にマイケル・マドセン主演で映画化「44ミニッツ」されました。この事件をきっかけに米国内の銃器の所持・取扱いの是非に関しても大きな見直しを迫られました。興味がある方は是非ご覧ください。

最後までくれてありがとう!!

VYM構成銘柄【5位】コムキャスト・コーポレーション(世界有数のケーブルTV・メディア会社)の記事はこちら

VYM構成銘柄【7位】コカ・コーラ(世界最大の飲料水メーカー)の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました