VYM【第1位】ジョンソン・エンド・ジョンソンってどんな会社?

スポンサーリンク

こんにちはマルの日常です。今回からいよいよ私のブログの本館となる「VYM」の保有銘柄分析をおこなっていきます。

私は、将来の資産形成の根幹にするときめている「VYM」の全てを知るために保有する全ての銘柄を保有率の高い順に以下の分析を行っていきます。

  1. 会社の基本情報
  2. 日本の会社と比べてみた
  3. 株価・配当推移
  4. まとめ(ちょっと良い話)

それでは、ジョンソン・エンド・ジョンソンの銘柄分析いってみましょう。構成比率は、3.73%です。


スポンサーリンク

ジョンソン・エンド・ジョンソン ってどんな会社?

【会社概要】

  • 企業名:ジョンソン・エンド・ジョンソン( Johnson & Johnson)
  • 設立日:1886年
  • 創業者:ジョンソン3兄弟(ロバート・ウッド、ジェームス・ウッド、エドワード・ミード)
  • 売上高:820億5900万$(約9兆円)
  • 営業利益:200億8000万$(約2兆円)
  • 従業員数:134,000人

【企業年表】

  • 1886年~1926年 手術・創傷管理用製品から出発
  •           世界初、市販用殺菌済み外科用包帯を開発し、多くの患者の救命に貢献。
  • 1926年~1946年 製品群拡充と海外への事業拡大、株式公開へ
  •           医療用医薬品や医療機器分野での事業拡大に着手。
  • 1946年~1966年 継続した製品拡大によって、業界リーダーとしての地位を築く
  • 1966年~1986年 医学の進歩による革新的な製品の創造
  •       フロンティア・コンタクトレンズ社を買収し、使い捨てコンタクトレンズ
  •           の先駆者となる。  
  • 1986年~2008年 買収と社内開発による業界リーダーの立場の強化  

ジョンソン・エンド・ジョンソン( Johnson & Johnson)は、

アメリカ合衆国ニュージャージー州に本社を置く

製薬、医療機器、ヘルスケア関連製品を取り扱う超有名企業  です。

1886年、創傷治療のためには

医師や看護師が滅菌済みの縫合糸・手術用ドレッシングや包帯を使うべきである

という、当時としては革新的なアイデアをもってジョンソン3兄弟が創業しました。

現在では、世界60か国で250社以上のグループ会社が存在しています。

事業分野を「消費者向け製品」「医療機器」「医薬品」の3つにわけて運営しています。

更に、私たちの生活に深くかかわっている「消費者向け製品」について掘り下げていきます。

皆さん、ジョンソン・エンド・ジョンソンが、医療製品以外の分野でも

地位を確立しているの知っていましたか?

有名どころでいえば、コンタクトレンズのワンデーアキビュー」などですね。

それでは、6つの分野にわけて画像付きで紹介していきます。

 ①:キズのケア・衛生用品 (バンドエイド・ジョンソン綿棒)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-3-edited.png

 ②歯と口のケア(マウスウオッシュ)

 ③赤ちゃんのケア(ジョンソンベビー)

 ④スキンケア・化粧品(ボデイケア、ニュートロジーナ、アビーノ)

 ⑤コンタクトレンズ(使い捨てコンタクトレンズ「アキビュー」)

ワンデー アキュビュー® オアシス®

 ⑥OTC医薬品(頭痛薬「タイレノール」、禁煙補助剤「ニコレット」)

いかがでしたでしょうか?

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、様々な商品で、私達の体や衛生面を

助けてくれています。

企業を知れば、その商品にも愛着がわいてくるもんですね。

日本の会社と比べてみた

世界有数のヘルスケアカンパニーであるジョンソン・エンド・ジョンソンと

日本のトップ企業を8つの項目で比べてみました。

今回比べる企業は、国内製薬会社最大手の武田薬品工業です。

武田薬品工業は、18年にアイルランドの製薬企業・シャイアーを買収したことで

売上高が世界トップ10入りをはたしました。

  • ①売上高  :  J&J (約9兆円)  VS 武田薬品工業(3兆2912億円)
  • ②営業利益 :  J&J (約2兆円)  VS 武田薬品工業(1004億円)
  • ③従業員数 :  J&J (134,000人)  VS 武田薬品工業(47,495人)
  • ④設立日  :  J&J (1886年)  VS 武田薬品工業(1781年)
  • ⑤株価   : J&J (156.78$「16,093円」)  VS 武田薬品工業(3,665円)
  • ⑥時価総額 : J&J (約42兆円)  VS 武田薬品工業(5,78兆円)
  • ⑦配当利回り: J&J (2.57%)  VS 武田薬品工業(4.91%)
  • ⑧連続増配 : J&J (58年)  VS 武田薬品工業(0年)

いかがでしたでしょうか?

日本トップの武田薬品工業も健闘していますが、

世界トップと比べると全体的に見劣りしてしまいます。

それだけ、ジョンソン・エンド・ジョンソン という会社の優秀さがわかります。

売上高、営業利益はもちろんですが、連続増配年数58年(配当王) 

という驚異的な安定感は本当に素晴らしく安心できる会社です。

只、日本人としては、武田薬品工業が創業から 240年も存続できていること、

地味に30期連続で減配していないという事実も確認でき、本当にうれしく思いました。

株価・配当推移

①株価推移

ジョンソン・エンド・ジョンソン の直近5年の推移を確認しました。

コロナショックで一度下がりましたが、V字回復を行い 最高値を更新しています。

只、懸念材料としては

ベビーパウダーに発がん性物質が含まれているという

訴訟問題も発生しており、リスクも伴っています。

明るいニュースとしては、

新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を行っています。

成功すれば、株価上昇が見込めますし、世界のためにも成功してほしいですね。

②配当推移

配当は年4回(3月・6月・9月・12月)あります。

2020年コロナ期においても、増配してくれる安心感は本当に魅力的です。

更に、配当王(50年以上の連続配当銘柄)として

58年連続増配を達成してくれました。

ちなみに日本の連続増配のトップは「花王」の31年でした。

まとめ(ちょっと良い話)

皆様、ジョンソン・エンド・ジョンソンの魅力は伝わったでしょうか?

私は、この企業分析を通じてこの会社の魅力に気づき、

また、同社商品に愛着が湧いていきました。

何より、売上・利益・成長性・配当・安定性の

全てにおいて魅力的なジョンソン・エンド・ジョンソンが

「VYM」の構成銘柄第1位

として組み込まれていることに安心感を持てました。

やはり、「VYM」は素晴らしい!!

最後に、「バンドエイドができるまでのエピソード」を記載して終わりたいと思います。

1920年、ジョンソン・エンド・ジョンソンの有名な製品「バンドエイド」 が誕生したのは、まったくの偶然だった。

購買部でバイヤーをしていた28才のアール・ディクソンという社員は、新妻のジョセフィーヌがたいへん不器用で、料理をするたびにケガをすることに常々心を痛めていた。愛妻家のディクソンはそのたびに傷の手当てをしていたが、傷は絶えなかった。そこで彼は、妻がひとりでも手当てができるような絆創膏を考えついた。それは、医療用テープの中央にガーゼを付け、片手でもすぐに手当てができるというものだった。彼がこの発明を同僚に話すと、ぜひ上司に話すよう薦められ、大ヒット商品として世にでることとなった。

「バンドエイド」は妻への思いやりから生まれた商品なのです。

最後まで見てくれてありがとう!!

米国高配当ETF「VYM」の記事はこちら

VYM構成銘柄【2位】JPモルガンチェース(米国最大の銀行)の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました